気自動車のある生活

03_car
「SMART V2H」は、電気自動車を「走る蓄電池」として活用する新しい生活のかたち。 太陽光で作った電気を電気自動車に貯めることで、エネルギーの自給自足のお手伝いをします。停電が起きた際などは電気自動車に貯めた電気を生活に使うことが可能。まさに走る蓄電池として、生活の多くをサポートする仕組みが出来上がります。

SMART V2H」の特徴

02_car
電気自動車(EV)と太陽光発電 システム(PV)、系統の電気を 混ぜて使用できる「SMART V2H」。新しい発電・給電・蓄 電のしくみにより、新時代の家 族の暮らしに必要なインフラ提 供を致します。

れからのスタイルは

「作った電気を車に貯める」

電気自動車(EV)なら最大62kWh※1までたっぷり蓄電できる上、車としても利用できる から実用性も両立します。フル充電していた場合、数日間もの電気の供給※2が可能です。
※1 2019年6月時点 日産自動車リーフの場合。また、車種により使用できる電気量が異なります。詳しくは「SMART V2H」対応車種一覧をご確認ください。
※2 ご家庭の電気使用量によります。
メニューを閉じる